知識編

デジタルサイネージで得られる集客効果とは?札幌のデジタルサイネージ会社が徹底解説

今では街中に情報が溢れており、ただ看板を掲示するだけでは通行人に興味を示してもらうことが難しくなりました。そんな中で発展した技術がデジタルサイネージです。
デジタルサイネージを活用すれば、誰もが足を止めてしまうような広告や、視聴者の記憶に強く残る情報発信が実現できるでしょう。
今回の記事では、デジタルサイネージによる集客効果や有効性について説明します。これからデジタルサイネージの導入を検討しているのなら、ぜひ参考にしてください。

デジタルサイネージの概要

デジタルサイネージとは、電子的な表示機器を使って情報を発信するメディアのことを指しており、「電子看板」とも呼ばれる場合もあります。従来の広告に代わる新しい情報伝達手段・広告媒体として、広がりを見せているのです。
デジタルサイネージは街頭・店頭・公共機関や空間などに、広告・販促・情報提供・空間演出などの目的で設置されます。
デジタルサイネージの表示内容は簡単に変更可能なので、用途に合わせた自由な使い方ができるでしょう。

デジタルサイネージの集客効果

非常に多くの看板や広告が溢れている今では、どんなに優れたデザインの広告を作成しても、顧客に興味を持ってもらうことが難しいものです。
そんな中でも、デジタルサイネージは人の目につきやすいために、従来の広告よりも高い集客効果が期待できます。
動画を活用可能なため表現の幅が広がり、工夫次第では多くの人がふと目で追ってしまうような広告が作れるでしょう。
また、デジタルサイネージの導入事例では、集客UPによる売上向上だけでなく、客単価の向上効果も得られています。

集客方法としての有効性

デジタルサイネージでの集客は、その他の広告に比べて次のような点で有効であると言えます。

・商品やサービスをアピールしやすい

デジタルサイネージの広告は通常の看板などの広告と違い、動画を使って見る人の目を引くアプローチが行えます。
スライドショー・テロップ・アニメーション・音声・音楽を工夫し、オリジナリティ溢れる魅力的な映像が作れれば、限られたスペースでも多くの人に自社商材をアピールできるでしょう。
システムが分かりにくいサービスやシステムを扱っている場合も、その点を動画で伝えることで「分かりやすい宣伝」が行えます。つまり、デジタルサイネージは従来の広告よりも多くの情報を一度に発信可能なのです。

・時間帯、曜日毎に違った内容の広告を表示できる

デジタルサイネージでは、1つのモニターで何種類もの広告を表示可能です。
そのため、時間帯指定・曜日指定などの設定を行い、タイミングに適した情報を配信できるのです。
特に店舗内のデジタルサイネージでは「この時間帯に売れるもの」「今来店する顧客が求めている情報」を表示することで、より効果を高められるでしょう。
天候に合わせて広告内容を変えるという方法もあり、一つの広告で何種類もの情報を配信できます。これは企業にとって非常に利便性が高い広告だと言えるでしょう。
スケジュールされたコンテンツは自動的に切り替わるため、更新の手間もかかりません。

・コスト削減可能で情報更新がしやすい

看板や紙媒体などの広告は一度作成してしまうと、情報が古くなる・改訂されるたびに作り直さなくてはいけません。
広告を作り直す作業以外にも、設置・貼り替え・配布作業に多くの人件費が必要になるでしょう。
しかし、デジタルサイネージは簡単に表示内容を変更できるため、いつでも最新の情報を視聴者に届けられるのです。
初期費用は用意するモニターのサイズや設置場所によって変わりますが、長期コストを考えると、デジタルサイネージの導入で広告費にかかっているコストを大幅に節約できます。

・ユーザーが知りたい情報のみを提供する方法もある

画面をタッチ操作して必要な情報を得られるデジタルサイネージでは、ユーザーは自分の欲しい情報を自分で簡単に手に入れられます。
例えばショッピングモールやテーマパークの地図をパンフレットで理解する・スタッフに確認するよりも、デジタルサイネージを活用した方が素早く気軽に情報を得られるでしょう。
つまり、デジタルサイネージは、顧客満足度の向上にも役立つと言うことです。

ブランディングにも役立つ

デジタルサイネージでは、商品やサービスを宣伝するだけでなく、ブランドそのもののイメージを作る効果もあります。
デジタルサイネージでブランディングが強化されることで、自社のイメージをより良いものにし、他社との差別化が実現できるでしょう。

デジタルサイネージの効果的な使用例

ここでは、デジタルサイネージの効果的な使用例を紹介しましょう。

・店外に向けてダイナミックな映像を配信:カーディーラー

国道に面した立地でガラス張りのショールームを持つカーディーラーでは営業時間が終了した夜間にスクリーンを使い、新型モデルなどの映像をダイナミックに映し出しました。
インパクトのある広告は多くの人の目を引き、店舗の認知度向上・新規顧客の増加に成功します。

・催事案内にかかる業務の効率化に成功:百貨店

百貨店にとって重要なイベントである催事案内は、チラシやポスターの作成に多くの労力がかかります。
この百貨店ではデジタルサイネージを導入したことにより、催事案内の業務の効率化を実現し、日毎に変わる出店情報などもリアルタイムで情報発信ができるようになります。

・調理シーンや創作料理を動画で紹介:飲食店

事例の飲食店では、注文カウンターに設置したデジタルサイネージに調理シーンや創作料理を映し出し、お客様がメニューに興味を持ち注文しやすいような情報提供を始めます。
季節によって変わるメニューも簡単に更新可能で、業務効率化にも役立っているそうです。

まとめ

デジタルサイネージについての基本的な情報と、その集客効果・有効性について説明しました。
デジタルサイネージは販促手段として非常に有効であり、コストダウン・更新のしやすさ・他社との差別化にも長けています。
デジタルサイネージに興味を持っているのなら、自社が求める効果や用途を明確にした上で、どのようなサービスを活用するべきか考えてみてください。

他の記事:


お問い合わせはこちらへ

関連記事

TOP