入門編

デジタルサイネージ(電子看板)で集客は可能?仕組みやおすすめの商品を紹介!

今後ニーズが拡大する電子媒体として「デジタルサイネージ」が注目されています。

デジタルサイネージは広告として活用されるケースが多いですが、社内の共有スペースや来客向けの情報提供ツールとしても活用可能です。

デジタルサイネージの用途は幅広く、大企業や、個人経営のデザイン事務所、建築士事務所など……事業規模・場所を問わずさまざまな導入事例があります。

しかし、デジタルサイネージと聞いても、「そもそもどのような仕組みなのか」「導入メリットは何か」「どのような種類があるのか」などいろいろな疑問が浮かぶでしょう。

そこで今回は、デジタルサイネージの仕組みやメリット、おすすめの商品について解説していきます。

デジタルサイネージ(電子看板)とは?

デジタルサイネージは、電子看板とも呼ばれています。

従来では、紙媒体が中心だった広告や看板、掲示板を、ディスプレイやタブレットなどの電子媒体を活用し、情報配信する仕組みを総称して「デジタルサイネージ」といいます。

デジタルサイネージと聞くと、駅や商業施設で見かけるような大きなディスプレイ広告をイメージする方が多いのではないでしょうか。

しかし、近年ではデジタルサイネージのバリエーションが増えており、ポスターサイズのディスプレイや特殊な形をしたものなどもあります。

そのため、巨大な広告として活用されるだけでなく、店舗前のポスターや社内の情報提供ツールとして活用される事例も増えているのです。

デジタルサイネージは紙媒体の広告や看板、ポスターと比較すると、導入時やランニングコストがかかりますが、さまざまな用途・メリットがあります。

デジタルサイネージ(電子看板)の導入メリット

紙媒体の広告・看板・告知と比較すると、デジタルサイネージは初期費用が高額になりがちです。

とはいえ、費用をかけてでも導入したいというニーズが増えているのも事実です。

ここでは、デジタルサイネージを導入するメリットについて解説していきます。

訴求力が高く集客につながる

デジタルサイネージの強みといえば、高い視認性でしょう。

暗い場所や室内、太陽光のあたる場所など……従来の広告では視認性が低下してしまう場所でもデジタルサイネージを使えば鮮明に情報を映し出せます。

また、紙媒体では不可能な動画での訴求も可能。

視認性の高さ、動画の活用によって高い訴求力を発揮し、集客効果が期待できます。

いつでも内容を変更できる

デジタルサイネージならではのメリットといえば、いつでも内容を変更できることでしょう。

画像や動画を組み合わせて表示させたり、時間帯に応じて表示内容を変更させたりする設定もあります。

さらに、期間や時間を限定して表示内容を設定する機能もあるため、デジタルサイネージを活用すればターゲットに対してピンポイントで情報を訴求できるのです。

運用するのに手間がかからない

紙媒体の広告や看板と比較すると、デジタルサイネージは運用するのに時間と手間がかからないため、人件費削減につながります。

紙媒体の広告を運用するとなると、季節や期間ごとにデザインの変更・発注・印刷・張り替えなどの手間がかかるでしょう。

一方、デジタルサイネージであれば、オンライン上でデータを管理するだけになり、作業の効率化が可能です。

複数の設置場所があっても、配信内容を一括で管理できるのもメリットといえます。

つまり、デジタルサイネージは「運用面の効率化」と「訴求効果」の両方に対してメリットを発揮できる電子媒体なのです。

デジタルサイネージ(電子看板)のおすすめ商品2選

ここでは、弊社で取り扱っているデジタルサイネージのおすすめ商品2つをピックアップして紹介します。

シーンを選ばず映像のキレイさを目指すなら「室内用LEDビジョン」

室内設置用のデジタルサイネージとしておすすめしたいのが、「室内用LEDビジョン」。

室内用LEDビジョンは名前の通り“室内専用”のデジタルサイネージです。

ディスプレイ部分にLEDを使用しており、鮮明で美しい映像が特徴。

オフィスやコンサート会場、展示場などさまざまな設置環境に対応可能で、美しい画像・映像による高インパクトな訴求が可能です。

室内用LEDビジョンは5つのタイプが用意されており、ディスプレイのサイズや輝度、予算などさまざまなニーズに対応できます。

世界で最も普及している「液晶ディスプレイ」

リーズナブルな価格でデジタルサイネージを採用したい方におすすめなのが、「液晶ディスプレイ」です。

LEDビジョンと比較すると鮮明さが少し落ちてしまいますが、通常使用であれば、見えにくいと感じることはほとんどないでしょう。

つまり、液晶ディスプレイは価格・用途の広さ・ディスプレイの美しさのバランスがとれた製品なのです。

なお、弊社の液晶ディスプレイは、ニーズに合わせてサイズやタッチパネル機能の有無などが自由にカスタイマイズできます。

デジタルサイネージの設置はベネフィットラインにお任せください!

今回はデジタルサイネージの仕組みやメリット、おすすめの商品について紹介しました。

デジタルサイネージは、企業や公共施設、店舗のあらゆる場所・目的で活用できるディスプレイタイプの電子媒体であり、導入することでさまざまなメリットがあります。

弊社は「業界トップの品質と価格」をモットーに、お客様目線でデジタルサイネージを提案している企業です。

中国に独自の生産工場を持ち、自社ブランドの製品を製造していため、高性能ながら他社は負けないリーズナブルな価格でデジタルサイネージの提案が可能です。

取り扱っている製品も幅広く、室内用・屋外用のLEDビジョンや透過型LEDビジョン、液晶ディスプレイなどがあります。

設置場所や要望、予算に合わせて最適なプランニングをいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

他の記事:


お問い合わせはこちらへ

関連記事

TOP