デジタルサイネージのご導入頂く際の流れをご紹介いたします。

・STEP1
お問い合わせ
デジタルサイネージに関するご依頼・ご質問を「お問い合わせフォーム」または「お電話」にて承ります。

・STEP2
ヒヤリン
設置予定の場所、寸法、用途などのご要望をお聞き致します。概算の見積書を提出致します。
予算などの内容にご了承いただけた場合、弊社の担当者がサイネージの設置場所に現地調査し、
貴社に訪問し、設置の詳しい内容に関して打ち合わせさせていただきます。
(道外の場合、出張費は別途請求致します)

STEP3
設置イメージ資料
打ち合わせさせて頂きました内容を元に、サイネージを設置した際の「イメージ資料」を作成させて頂きます。

・STEP4
サイネージ製品ご確認
資料を元に実際に取り付けるサイネージの種類、スペックを確認して頂きます。

・STEP5
お見積もり提出
最終お見積もりをご提出させていただきます。

・STEP6
設置工事・セットアップ
多数の施工実績を持つパートナー会社と協力し、安全・迅速に設置工事を行います。
ディスプレイへの表示確認やシステム調整を細心の注意を払い実施することで、安定稼動を実現します。

・STEP7
保守メンテサポート
弊社は業界初のLED不点灯メンテナンスを札幌市内で行なっております。
ご納品後のアフターフォローも随時受け付けております。お気軽にご相談ください。

よくあるご質問

はい。北海道外からのご注文は、以下の流れとなります。
1. お問い合わせフォーム、電話よりお問い合わせいただく
2. お見積り提出
3. お見積り内容にご納得いただけた場合、現場にお伺いし現場調査(別途、出張費用が発生します/前払いとなります)
4. 施工費を含めたお見積りを提出
5. ご契約
6. お支払い
7. 納品・施工

見学のみの場合は予約不要ですが、商品についての詳細や施工方法等の確認をされたい場合は、お電話にて事前にご連絡くださいますようお願いいたします。

「KIRIMO」は白濁フィルムの通常タイプと、ブラインドフィルムのカスタマイズタイプ、
2種類でございます。
フィルム一枚の厚さは0.54mmで、既存のガラスに貼り付けて設置になります。

カスタマイズタイプ一枚の最大幅は1.8mで、最大長さは3mになります。
フィルムのほか、ON/OFFをコントロールするための制御器がございます。

制御器一台につきの対応面積は、通常タイプ最大100㎡まで、カスタマイズタイプ最大20㎡までになります。

ピッチとは「LED素子同士の距離」を意味します。距離が小さいほど、より解像度が高く、近くから見ても高画質な画を映し出すことができます。反対に、ピッチの数字が大きいほど、解像度が低く、屋外で遠くから見る場合に向いてます。

カンデラ(cd/㎡)はデジタルサイネージの明るさを表す輝度の単位です。屋内に設置する際は、350~1000cd/㎡の輝度で表示できるディスプレイを使用します。一方で、屋外に設置したり、ガラス越しに屋外に見せる際は、最低1500cd/㎡以上のものをお勧めします。

対応しております。ご要望をお伺いし、ぴったりな商品をご提案いたします。
まずはお問い合わせフォーム、またはお電話にてご相談くださいませ。

1カ月半から2ヶ月程度となります。弊社は、ご要望に合った商品を海外メーカーへ発注し生産いたします。そのため、お時間をいただきますことご了承ください。
※商品によって生産期間が異なるため、具体的な期間は見積り時にご案内いたします。

銀行振込となります。

対応しております。弊社にて施工を行う場合は、商品発注前の現場調整・施工のため2度お伺いしておりますが、納品のみの場合は、現場調整時のみのお伺いとなります。尚、ディスプレイのコンテンツ設定等は現場調整の際にご説明いたします。
※道外からのご依頼の場合は、都度、札幌からの出張費用をいただいております。

対応しております。弊社にて修理を行うため、迅速な対応が可能です。

対応しております。お客様のご希望に沿った企画から制作が可能です。

コンテンツ配信方法は、無線接続、有線接続の2種類がございます。
・無線接続:コンテンツ配信ソフト(スマートフォンアプリ)で簡単にコンテンツを配信できます。アプリ内で画像⇔動画の切り替えも可能です。
・有線接続:LANケーブル、もしくはUSBメモリを接続し、コンテンツを配信できます。

 

↓スマホからLEDビジョンにコンテンツを送信するイメージ



お問い合わせはこちらへ

TOP